ニートでもお金を借りる方法

ニートでもお金を借りる方法は、知人や親族からお金を借りる事しかありません。消費者金融や銀行などからお金を借りることはできないでしょう。その理由は、お金を貸しても返済してもらうことが期待できないため、融資をすることはないからです。各消費者金融や銀行の申し込み条件では、年齢のほかに、安定した収入がある方、という条件を付しています。これは、収入がなければ返済ができないため、最低限安定した収入を求めていることを現しています。そして、ニートは働いていないため収入はなく、家族の収入に頼っている状態です。そんな人にお金を貸しても絶対に帰ってこないため、ニートは業者からお金を借りることはできないのです。
ただし、ニートでも資産を保有している場合はお金を借りることができる場合があります。例えば、不動産担保ローンは、最終的に債務者が返済をすることができなければ、強制執行をすることで資金を回収することができます。そのため、たとえ職に就いていないとしてもとりっぱぐれの心配がないため、融資を受けることができる場合があります。また、働いていなくても賃料収入や株志位の配当収入があれば、それは収入があると判断されることによって、審査に通る可能性があります。
ただし、貸すかどうかは業者の審査次第で、業者によっては収入だけではなく職業も気にする場合があります。そういった業者の場合は、たとえ収入や資産があっても、お金を借りることはできないでしょう。